「おちんちん」とクレヨンしんちゃんと私

 

同僚が一人飛んでしまいました。

自分の仕事もしながら、その人の残した業務もこなす日々です。

 

早く新しい人きてくれーーー!!!!切実

でも、一番辛いのは、飛んでしまった彼だよね。

人生頑張って欲しいです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 お笑い

 

クレヨンしんちゃんに出会って、

その言葉をよく口にするようになります。

 

 

魔法の言葉。

当時はまだ、何も考えずにただ口にしていただけなんですけどね。

 

 

小学校6年間、

私は常にクレヨンしんちゃんに寄り添って生きていました。

アニメも毎週見ていたし、漫画も買っていたし、もちろん映画も。

 

 

クレヨンしんちゃんが教えてくれたのは、

あの言葉の面白さだけではありませんでした。

 

 

「笑うことの素晴らしさ」です

 

 

クレヨンしんちゃんは忘れちゃいけないのですが、ギャグ漫画ですので。

 

 

くだらねーー、おもしれーーーって感情がどれだけ幸せなことかと。

 

 

 

笑うって幸せだなって思うようになって、お笑いに興味を持ちました。

 

そして出会ったのが、笑う犬

 

 

 

 

ウッチャンナンチャンネプチューン・ビビるなどが出演していた

日曜夜8時のコント番組。

 

今、私はテレビ業界で働いています。

大学時代は、お笑いをやってました。

大学時代ゼミで「笑うこと」の研究もしました。

 

その全てのルーツは、この番組なのでしょう。

 

笑うって素晴らしい。

 

明日学校やだなーー、って、

日曜夜の憂鬱な時間を少しでも和らげてくれたのがこの番組でした。

 

ここから私のお笑い好きは始まりました。

今の私の重要な要素の一つです。

 

さかのぼってみると、

そこの根本にはクレヨンしんちゃんとの出会いそして

 

「おちんちん」の存在があったわけですね。

 

 

おちんちんが私の人生を創ってくれました。

 

 

 

別にね、おちんちんって言えよって思ってるわけじゃないんです。

笑ってる方が人生幸せですよってことなんです。

 

 

その多くが、わたしにとっては、「おちんちん」だっただけなんです。

 

 

今、正直私はつらいことが多いです。

でもそんなとき、おちんちんって友人に言ったり、

お笑い見て笑ったりすると、少し前向きになれるんです。

 

みなさま、笑って生きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 きょうのちんコミュ

 

大学時代のサークルの2つ上の先輩が、突然連絡をくれた。

 

なんでも、「新婚さんいらっしゃい」で、面白い夫婦が出ていたので

僕に教えてくれたそう。

 

中は良かったけど、

卒業して以来あまり連絡もとっていないような先輩だったので

嬉しかった。

 

その動画を見てみると、

 

 

夫婦が、おちんちんを連呼する

 

 

「おちんちんの唄」

 

 

を仲睦まじく披露していた。

 


おちんちんのうた

 

 

…………私の全ての理想とするコミュニケーションだ。まさにちんコミュ。

 

 

そして、最後にこんな言葉が。

 

 

f:id:wakita0810:20170912104954p:plain

「おちんちん」を出すということ

 

本当に働きづめで更新する暇がなかったのは4日間。

やろうと思えばできたのが6日間。

 

・・・・・・・

 

言い訳はやめます。今日からまた更新ペース戻すぞー!

こせぴです。仕事やめたい。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 クレヨンしんちゃんとおちんちん

 

 

 

クレヨンしんちゃんを見て、

 

「おちんちんってこんなにおもしろいんだ!!!

 

と思った僕でしたが、

 

 

「じゃあ、ぼくもおちんちんを出していいんだ!」

 

とはなりませんでした。(当時5歳)

 

 

wakita0810.hatenablog.com

 

 

 

 

むしろ、

 

 

「こんなにおもしろいけど、人前で出すのはダメだよね」

 

 

と、自分で考えられていました。

 

 

子供でもわかることじゃないですか。人前で露出することはダメなことだって。

 

それを、自分の中で考えて、ダメだと判断することができました。

 

そんなの誰だって分かるだろ、って思いますよね。わたしもそう思います。

 

でも、それを1人で気付けて、1人で学べた、っということ、

それって少し立派なことなんじゃないかな、って思うんです。

 

子供のころって、やっていいことと悪いことの区別がつかなくて、

親や先生に教えられて、少しづつ成長していきますよね。

 

 

でも、ここでは人に言われなくても自分で気づいて

自分で思慮分別がつけられてるんです。

 

いや、当たり前だろ!!って、思うんですけど、、

 

人って何を学ぶにしても簡単なところから教わるじゃないですか。

 

で、教わったことを応用して自分で考えて答えや結論を出すじゃないですか。

 

やっていいことと悪いことを教えられて少しずつ成長していって、

 

 

自分で判断して、露出はダメだよって思えてるんです。

 

おちんちんを露出してはいけません、

なんてわざわざ教える親いないですよね?

 

それが自分で判断できた、っていうのは、実は大きな成長の一歩だと思うんです。

 

 

クレヨンしんちゃんは、確かに下品で、子供には悪影響を与える可能性は高いです。

 

 

でも、そこで良いこと悪いことの判断が自分でできるようになっていたら、

非常に成長すると思いませんか?

 

 

それに、クレヨンしんちゃんには下品なだけでなく、

メッセージ性の強い強い話もたくさんあるんです。

 

わたしがやっぱり1番大好きなのは、

2001年に公開された映画第9作目「嵐を呼ぶ!モーレツオトナ帝国の逆襲」

 

 

 

 

人生で1番好きな映画です。

子供の頃にみたのと、大人になってから見るのではまったく感じ方が違います。

これについてはいつか書きたいと思います。

 

 

とにかく、クレヨンしんちゃんは学べることがたくさんある、

子供にとっても素晴らしい作品なんです。

 

 

 

 

 

ま、口癖おちんちんになったけどね。

 

 

 きょうのちんコミュ

 

 

先日、バルセロナでテロがありました。

 

友人がスペインで生活しています。

 

無事だったという報告を受けて、数日後、、、

 

その友人のいるグループラインでみんながテロの様子を聞いてました。

 

その子を元気付けてあげたい!!!!わたしはその一心でちんコミュを!!!!

 

 

f:id:wakita0810:20170910185138j:plain

 

 

 

 

 

本当にやめないとなと痛感しました。

でも笑ってくれてました。ありがとう。

 

「おちんちん」への目覚め

 

 

 「おちんちん」って、面白い!

 

 

こんにちは。

今仕事中に書いています。こせぴです。

いまできることが少ないんですもん。

さぼってる?違いますよ!!!

時間を有効活用しているだけです!!!!!はい!!!!

 

 

きっかけ

 

どうして私があの言葉を面白いと思うようになったか、

あるアニメがきっかけだったんです。

ちょっと調べればすぐわかると思うんですが、あのアニメです。

というか、あの言葉から連想できるアニメなんて一つですよね。

 

 

 

 

そう!花咲天使テンテンくん

 

 

 

 

………ではなく、

(わからない人は見てみてください、OPとか特におすすめです)

 

 

 

クレヨンしんちゃん

 

 

 

まあ、そうですよね。これ以外ないですよね。

クレヨンしんちゃんを見て、私はあの言葉の面白さを学びました。

 

クレヨンしんちゃん

 

ケツだけ星人を筆頭に、しんちゃんといえば下ネタのオンパレード。

 

毎年、PTAの「子供に見せたくないテレビ番組」に選ばれるほど。

No1を取ったこと、何度もありますよね。

 

当然、「おちんちん」もたくさん出します。

 

特に印象深いのは、

1997年に公開された映画5作目「暗黒タマタマ大追跡」での1シーン。

 

これどういう物語かというと、超ざっくり言えば

 

 

「魔神が復活する力を持つタマを

 ひまわりが飲み込んでしまって悪の組織に狙われ、

 それを野原一家が仲間のオカマたちと対処していく」

 

 

って感じです。

 

その中で、敵に追いつめられかけたしんちゃんがひまわりをあやすためにやったこと。

 

 

それが、チンコプター

 

 

おちんちんを出してぐるぐるヘリコプターの容量で回すってやつです。

当時幼稚園児の私、死ぬほど笑いました。

 

「おちんちん」ってこんなにおもしろいんだ!!!

 

そう思ってしまいました。

 

その後の展開もすごくて、

今のご時世絶対できないだろーなーって思いました。悲しいですね。

 

きになる人はぜひ見てみてください。

ひまわり映画初登場らしいです。

これ、もう20年前の映画なんですね。びっくり。

 

映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 [DVD]

映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 [DVD]

 

 

 

そんなことがきっかけで、私はおちんちんの面白さに気づきます。

 

でも、

 

ものごとの分別もまともにつかないような当時の私でも、

 

 

「じゃあ、ぼくもおちんちんを出していいんだ!」

 

 

とはなりませんでした。

 

そんな当時の私でも、行動には移していません。

 

そこから学べることは、本当にたくさんありました。

(続きます)

 

 

 今日のちんコミュ

 

今日のちんコミュの時間です。

 

同じ職場の同僚、Iくん。

彼は最近、仕事で悩みがあります。

 

そんな彼を助けてあげるために、

簡単な仕事を私が請け負うことがあります。

昨日も、先方へのFAXを頼まれました。

 

そこで私は、LINEでちんコミュをしました!!!!

仕事でストレスも多い彼をなごましてあげられる、魔法の言葉です。

 

彼もとても喜んでくれる、そう思いました!!!!

 

 

その結果がこちら!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:wakita0810:20170830095205j:plain

 

 

 

「おちんちん」とわたし

 

 「おちんちん」との出会いを思い返してみました。

 

 

 

こんにちは。

土日返上で九州に出張、日曜日の午後急いで帰ってくるも、

約束していた女性が音信不通になったこせぴです。

 

そんな私がどうしてこの言葉を好きになったのか

一番面白いと思うようになったのか、考えてみました。

 

 

出会い

 

 

私が「おちんちん」と出会ったのは、25年前の8月。

そう、この世に生を受けた時です。

当時はそれをおちんちんだと認識することはもちろん、

言葉もわかりませんでした。

でも私は、確実にそれと出会っていました。

 

 

「 出会えたことから 全ては始まった 

  傷つけあう日もあるけれども

  “いっしょにいたい”と そう思えることが 

  まだ知らない明日へとつながってゆくよ 」

 

 

こんな歌もあります。

いろんなことがあって、4半世紀たった今、

その軌跡を思い返すとは当時は想像もできなかったでしょう。

 

ではなぜ、この言葉が面白いと思うようになったのか。

それは25年前、ちょうど私が生まれた年に始まった

 

ある テレビアニメ が全ての起源となっています…。

 

 

 

 きょうのちんコミュ

 

 

おちんちんコミュニケーション、縮めて(おちんちんだけに)「ちんコミュ」。

そう呼ばせてください。

 

この言葉がどれだけコミュニケーションの役に立つか、

人々を笑顔にするか、知っていただきたいと思いました。

 

今回は導入編として、

私がどれだけこの言葉を使っているかを

紹介したいと思います。

 

私には、大学時代の友人4人で構成されるライングループがあります。

今年の5月に、2017年時点でどれだけその言葉を発言したかを集計しました。

(それ自体おかしいんですが)

それを公開いたします。

 

まずは、合計です。

 

 

f:id:wakita0810:20170828101938j:plain

 

赤が私

 

 

私の圧倒的勝利でした、、、、

  

そして、内訳です。

 

 

f:id:wakita0810:20170828101947j:plain 

赤が私 

 

……すいません。「ちんこ」の方が発言しているみたいですね。

でも語感は「おちんちん」の方がお気に入りなので、

どうか目をつむっていただきたいです。

 

 

とにかくたくさん発言しているということです。

みなさんも楽しくちんコミュをしてみてくださいね。

「おちんちん」が一番おもしろい

 「おちんちん」が一番おもしろくないですか? 

 

こんにちは。

先日25歳の誕生日をむかえ、

晴れてアラサーの仲間入りを果たしたこせぴです。

 

私は幼稚園でも小学生でも中学生でもありません。

2016年に大学を卒業し、社会人2年目です。

 

 

一番面白いと思う言葉は、「おちんちん」です。

 

1日に10回ぐらいは言ってます(LINE含む)

この言葉は世界を救うと思っています。

 

そろそろまずいんじゃないかと自分でも思って、

友人や後輩に相談したら、かなり心配されました。

 

f:id:wakita0810:20170826110949j:plain

 

 

さすがに危機感を感じ、大人になろうと画策中です。

 

口に出したくなったら押し殺し、

どうしても言いたくなったら友人にLINEすることで今は抑えています。

社会人になって、さすがに口にする数も減りました。(あたりまえ)

意識するようになってからはそれが加速しました。

 

 

「おちんちん」との別れ・・・

 

 

やはり色々なことを思い出します。

 

しかしそのうちに、いろいろなことにも気づきました。

 

この言葉は、私の人生にはなくてはならないものでした。

 

 

就活生のとき何度か聞かれました。

「あなたを表す言葉を3つ並べてください」

 

友人に相談しても、帰ってくる言葉は一様にこの言葉。

書きたい気持ちを抑え続けました。

 

こうして振り返ってみると、

今の私があるのは、この言葉のおかげでした。

卒業時に後輩にもらった色紙はこの言葉で埋め尽くされていました。

 

 

大学を卒業し、友人とのつながりも減りました。

今でも連絡を取り合う友人はこの言葉を受け入れてくれる人だけです。

一緒にいて気楽な人も、異性の友人も、後輩も。

 

バイト仲間と打ち解けるきっかけとなったのもこの言葉。

そこの教え子と打ち解ける助けにも。

 

当然人を笑わせるために使わせていただきました。

悩んでいた人に「気持ちが楽になった」と言われました。

 

「子供みたいに無邪気にはしゃぐ君が大好き」

そんなこともありました。

 

 

この言葉に私は人生を救われていました。

 

 

「おちんちん」は世界を救うんです。

 

このことを、もっとたくさんの人に知ってもらいたい。

もっとたくさんの人に受け入れていただきたいです。